ダイエットをやめた途端、「最近、痩せたね?」と言われる不条理

ダイエットをやめた途端、「最近、痩せたね?」と言われる不条理

前回失敗して挫折した筋トレダイエットを完璧にやめたのは、昨年10月の事。
当時は、色々あれこれやり過ぎて失敗した。
また、1人で黙々と筋トレに立ち向かう「苦行」がとても辛かった。
季節の変わり目と共に持病が悪化したのもあるが、それって正直言って、
「そろそろダイエット辛いな、持病口実に逃げ出したい」
と言う思いもあったのかもしれない。
「ダイエットを止めたい」が目的で、持病はたまたまの出来事で、そこからは
外へ出ることも、家事もなにもしない寝たきり生活だったのだから。
今は、考えられない位、アクティブだけど(笑)。

結果がなかなか出ないことも、ちょっと凹む原因だったかな。
今考えると、それは当たり前のことなのである。
若い頃は、筋トレこそしなかったが、1時間くらいは早歩きで颯爽と
ウォーキングが出来ていた。
勿論、当時は食事制限もしていたので、体重は56㎏まで面白いように落ちて行った。
それが、持病を発症してからは、関節への負荷が足かせとなり痛みが発症する。
ウォーキングもなかなかできない状態。
家での筋トレや多少の有酸素運動では、体重の落ち幅も緩やかになる。
しかし、それは、決して、結果が出ていなかった訳ではなかった。

11月も中旬を過ぎた頃、父親がポツンと言った。
父「最近、痩せたよね?」
私「あああああ!( ゚Д゚)」

人生初の筋トレと自重の運動の組み合わせだった。
食事にしても、運動にしても、正しい知識を持ち合わせていない結果だった。

今は、体重も横ばい状態だが、確実に、身体が変わってきていると感じる。

そう、ここからなのだ。
まだまだ、ここから、これからなのだ。


PAGE TOP